耳裏から加齢臭…原因はノネナール

ノネナール 臭い

顔の周りが臭い、枕カバーが臭う、耳の裏が臭いという原因は、ノネナールという分泌物です。一般に加齢臭という呼び方をしますが、この臭いの原因とされています。
・ロウソクや油のような臭い

 

・ホコリが焦げた臭い

 

・ブルーチーズの臭い

 

・古い本のような臭い

 

という表現をする人がいるほど、人によって感じる臭いは違うようです。

 

耳の裏を触るとベタベタした感じがするのは、ノネナール独特の感触です。人によって耳の裏が臭いだけでなく、首の後ろや背中、胸、二の腕などからも臭います。耳の裏を念入りに洗ってもまだ臭うと思ったら、顔からも加齢臭がしていたということもあります。

 

40歳を過ぎたら、男女問わず加齢臭がでてきます。以前は男性だけのものと思われましたが、今では女性もノネナール対策をすることが求められています。

 

汗の臭いと違うの?

ノネナール 臭い 汗臭

加齢臭は汗臭とは違います。汗は体内の水分が熱と共に体外に放出されますが、汗そのものはほとんど臭いがありません。

 

汗臭の原因は雑菌の繁殖です。汗をかいたシャツをそのまま着用した時、汗や皮脂を媒介にして繁殖した雑菌が、汗が乾くと同時に強烈な汗臭を出します。ツンとした酸っぱい臭いで、特にワキの下や背中などが臭います。

 

また、顔からも汗臭がします。顔は汗をよくかく部分ですが、汗をぬぐっても皮脂などを栄養にして雑菌が増え続けます。

 

新陳代謝が活発な若年層がよく利用する殺菌力の高い洗顔フォームは、顔の雑菌を洗い流してニオイの原因を元から絶つように作られています。汗臭対策用のボディシャンプーや石鹸に、殺菌力が高いものが多いのは雑菌の繁殖を抑える効果を狙っているからです。

 

ノネナールの対策方法

ノネナール 臭い 柿渋

首の後ろや耳の裏が臭いのはノネナールが原因ですが、通常の石鹸やボディシャンプーでは効果がありません。入浴後、すぐにでも耳の裏が臭いという人もいます。加齢臭用の石鹸やボディシャンプーを使用することで、ニオイの対策が可能です。

 

主に柿渋の成分が入ったものが加齢臭対策のグッズとして評価が高いようです。

 

洗い上がりがスッとして、しつこいノネナールを洗い流してくれます。効果をアップさせるには、入浴時にシャワーだけでなく湯ぶねに浸かって発汗することです。温まるだけで、皮膚にベタベタと張りつくノネナールを洗い流しやすくなります。

 

また、焼きミョウバンを使ったミョウバン水を体にスプレーすることも効果的です。ミョウバンは自然界に存在するので安心して使用できますし、殺菌力が非常に高いので併用するとよいでしょう。

 

普段使いの石鹸を柿渋にしてみよう

加齢臭デオドラントクリームランキング 石鹸 柿渋

耳裏の臭いが気になったら、この機会に石鹸にも目を向けてみましょう。加齢臭の原因物質には柿渋(柿タンニン)が効果的。柿渋と臭いの原因物質が科学的に結合することで、違う物質に変化するからです。

 

こちらのページで柿渋石鹸の特集をしていますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

>> 耳の裏が臭い!?加齢臭をセルフケア  TOP